日本のビジネス社会は人脈優先です 

チョイ悪おやじの・「習慣術・3537」・・・日本のビジネス社会は人脈優先です 

今の時代は人脈が大切なことは誰でも知っているものです。

誰もが人脈づくりとか初対面の人やご縁や出会いは大切にしています。

今の時代は便利になりました携帯電話とかメールは便利な道具になり上手に使っています。

しかし、それだけに頼っているだけでは人脈を広げたり育てることはできません。

たとえ10分、5分でも人とは顔を見ながら話すことの大切さを誰もが知っています。

トップ(優秀)セールスなどの仕事ぶりを見ると電話やメールで契約をとろうとする人はいない

彼らはここぞと思った顧客には何度も足を運び、話をして、信頼関係を築いていきます。

電話やメールはアポイントメントを取りつけるための手段にすぎないと心得ているのです。

ここでは初対面の人に対して、電話でアポイントメントを取りつける方法を考えてみましょう。

誰かの紹介で電話をした場合はできれば紹介者から先方に、事前に一本電話を入れてもらう

その際には、「○○さんからご紹介をいただきました○○と申します」と必ず言う

そこで、紹介者をはっきりさせたうえで自己紹介をしているのです。

次に、用件を簡潔にわかりやすく述べて会っていただけないかとお願いをします。

誰の紹介もなくて何かを依頼する場合は、電話をする前に、まず手紙での自己紹介をしよう。

依頼の主旨などを前もって伝えておくのが常識とされています。

  ************ ★ ************

   私の「ブログ」読んで下さい。

  「ビジネス研究塾」・塾長のひとり言

  http://plaza.rakuten.co.jp/shinpal/

  「人脈づくり」・人脈の達人のノウハウ

  http://blog.goo.ne.jp/shinpal

   Ameba 「私のブログ」・・・

   ビジネスに役立つ日記

   http://ameblo.jp/fwjc/