ニコラウス・クザーヌス(Nicolaus Cusanus、1401年 - 1464年8月11日)とは、

Wikipediaに依ると、

ニコラウス・クザーヌス(Nicolaus Cusanus、1401年 - 1464年8月11日)は、ドイツの哲学者・神学者・数学者・枢機卿であり、中世の博学者。

【生涯】

ドイツのモーゼル河畔の港町クースに裕福な船主の家庭に生まれる。幼い頃の記録は不明確であるが、父親に理解されず苦しんだようである。領主の援助を得てオランダに遊学、敬虔主義的な教育を受けたとされる。ハイデルベルク大学で自由学科を学び、翌年にはパドヴァ大学に移り、1423年教会法の博士号を取得。1425年再びドイツに戻ってからはケルン大学にて教会法を講じつつ、同時にハイメリクス・デ・カンポのもとで学び、偽ディオニシウス・アレオパギタアルベルトゥス・マグヌス、ライムンドゥス・ルルスらの思想に触れる。この頃から写本発見家としても人文学者に名を知られていく。 その後1430年司祭に叙階され、バーゼル公会議フィレンツェ公会議)では公会議派の立場で活躍、高名を得るが、後に教皇派に理解を示すようになる。この様な姿勢に彼の柔軟性が垣間見えるが、当時としては誤解を生む行動でもあったようである。東西教会の和解のためにも奔走し、教皇使節としてコンスタンティノープルを訪問。またドイツを教皇代理として巡察し、強い抵抗に苦しめられつつも改革に取り組んだ。1448年に枢機卿、1450年ブリクセン

大司教。最後は終生の友人である法王ピウス2世の十字軍構想に従い、病身を押してローマを出立するが、トスカネッリに看取られながら1464年トーディにて死去した。

【思想】

クザーヌスは「知ある無知」や「反対の一致」などという独創的な思想を唱えた。クザーヌスによれば神の本質は、あらゆる対立の統一=反対者の一致である。無限の中では極大と極小(神と被造物)が一致する。すべての被造物は神の映しであり、それぞれの独自な個性を持ちながらも、相互に調和している。中でも人間は自覚的に神を映し出す優れた存在であり、認識の最終段階においては神との合一が可能であるという。

彼の思索は中世の混沌のなかから近代的思考を準備したと高く評価されている。 対立したものに調和をもたらそうという自身の思想の実現の為、東西教会、キリスト教イスラム教やユダヤ教公会議派と法王派など、つねにいろいろな立場に理解を示し行動を続けた。 また、ジョルダーノ・ブルーノ、ヨハネス・ケプラーゴットフリート・ライプニッツカール・ヤスパースなど、後生の顕学にも多大な影響を与えた。日本でも生誕600年を期に注目が高まり、研究が進んでおり、関連書籍の出版などが続いている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

既に何度か書いているように故 仏教学者の河波昌先生はクザーヌスを重視しておられた。仏教学者でありながらクザーヌス学会の理事だったほどなのだから。

その河波先生は「西洋近代はデカルトからではなく、クザーヌスからやらないと分からない」と言っておられた。

ラテン語はやり始めたばかりだから、原語でクザーヌスを読むのはラテン語の勉強を2年か3年過ぎてからやることにし、最初は訳本のあるものから訳本を参照しつつ読んでいく格好になると思う。

とにかく当面の目標はラテン語の読める人になる。そしてクザーヌスを読む。ヤスパース研究者でクザーヌスをキチンと読んでいる人はほぼ皆無である。

或いは河波先生からだって「あなた方若い人たちはカントとかキェルケゴールとかそういうところばっかりで、プローティヌスとかそういうところからちゃんとやってないでしょ?」と言われたことがある。そう言われると返す言葉もないが、要するに古典をキチンと読まないと宗教研究はやってけない。最先端の分析哲学に割く時間は非常に制約されてしまうのは宿命かもしれない。

(もっとも近年は分析哲学の手法で宗教論をやろうとする人もいるけど)。

・・・ドイツ語ではドイツ観念論シェリング・解釈学の元祖シュライエルマッハー・ガダマー、

フランス語ではP・リクール、ベルグソンを読みたいのだけど。フランス語に至っては文法も習ってもいないし、サンスクリット語だって勉強したいし、ギリシャ語だって復習したいし(プローティヌスとコイネーとプラトンアリストテレスが読めれば良い)。

一体河波先生(写真)は何カ国語読めたのだろう?しかも古典語を幾つ?

亡くなったあとになって噂話を聞いたところによると「どうも先生は一切経をお読みだったらしい」という。さもありなんと思った。

私ですら、弟子になったと見做すや否や「ナーガールジュナに至るまでの大仗經典全部読め」と要求したほどである。

一般的に人は自分がこなしたよりも軽い水準はごく平気で他者に対して課してしまう側面がある。だからひょっとして先生は〜という憶測もあながち外れてもないと思う。

ちなみに密教についての試論もあったくらいだから、後期大乗仏教までお読みだったのだろう。

亡くなった最初の恩師は、「他人(人)と同じ事やってるようじゃしょうがねえんだよ」と私が大学一年の終わり頃に言っておられたのを今も覚えている。1992年だったか。

それが学問に関することなのか、それとも一般的なことを言ってるのか亡くなってしまった今となっては分からない。ともあれ学ぶ外国語も研究対象も普通の人と違うものを選ぶのも悪くない選択だと思う。